妊娠を基礎体温で知る

妊娠兆候を知るには基礎体温をはかっているのが一番問題がないでしょう。
妊娠基礎体温の間には大きな関係があり、基礎体温を普段からつけている習慣を身に着けていれば早くから妊娠兆候に気がつくことが出来ます。
妊娠をしたらまず基礎体温に一定の変化が現れますので、妊娠基礎体温の関係を知っておきましょう。
妊娠時の基礎体温は、月経から排卵までの約2週間体温が低い状態が続く「低温期」と呼ばれるものがあります。そして排卵が起こると黄体ホルモンが分泌されて体温が上昇します。これを「高温期」と言います。そして通常は次回の月経まで高温期が続き、また低温期に入ります。
しかし妊娠をした場合の基礎体温はこの高温期が続き、月経期がきても体温が下がりません。
このように妊娠基礎体温を測っていることでかなりの確率で妊娠兆候が早い段階で分かります。
基礎体温の正しい測り方は、毎朝、起きたらすぐに、市販されている婦人体温計を使い口の中で測ります。舌の下で測るのが一番です。そして基礎体温表などにつけておきます。注意する事は、いつも同じ時間に同じ場所で同じ条件のもとで基礎体温を測ることです。
妊娠基礎体温には大きな関わりがありますので、妊娠兆候を知るにはベストの方法です。

不妊解消ヨガ〜壱伊スタディハウス